レディースクリニック山原

不妊治療

避妊をしていないのに1年以上妊娠しない場合を不妊症といいます。もっとも自然に妊娠する人のうち、90%は最初の1年目に妊娠するので、1年間できなければ早めに検査・治療をはじめる方がよいでしょう。
また月経不順(排卵障害)、月経痛(子宮内膜症)等不妊の原因になりそうな症状がある場合は早めに相談しましょう。
最近では、女性側の結婚年齢の上昇による卵の質の低下や子宮内膜症罹患の増加、未婚時の性病罹患の増加による卵管通過障害、男性側の精子の数・運動率の低下(環境ホルモンによる)により、不妊カップルは増加傾向にあります。

当院の治療方針

一般不妊治療にて半数の方は妊娠にいたるため、基本的に負担の少ないことから開始して順次段階的に治療をステップアップしていきます。
不妊治療というと痛い検査・治療がある、通院回数が多くて大変、費用がかかる(実際は、ほとんど保険適応可)、人工授精・体外受精までは抵抗がある、というようになんとなく始めづらいイメージがありますが、一人一人の事情・原因に合わせた最適な治療を考えていきます。もちろん年齢、これまでの治療歴、不妊原因を考慮して早めの高度生殖医療をお勧めする場合もあります。

治療のステップ

  • 第1ステップ
  • 第2ステップ
  • 第3ステップ
  • 第4ステップ

    一般不妊治療で2年以上妊娠しない場合、体外受精(IVF)を考慮します。

    ※現在当院では実施していませんのでご紹介となります。